キャンプのマット選びはエアマット一択でいいですよ

キャンプのマット選びは エアマット一択でOK キャンプ道具

・キャンプで朝起きると体が痛い
・腰痛持ちでキャンプに行くたびツライ
・寝心地の悪さでキャンプが嫌いになりそう
・寝心地の悪さにパートナーがキャンプを嫌いになりかけている

キャンプでのマットについて不満がある
初めてのマット選びに迷ってるあなたには

エアマットをおすすめします

その理由をカンタンに説明すると

・まるでベッドのような寝心地
・腰が痛くならない
・体の痛さで目が覚めることがない
・家族に好評
・荷物が減った

キャンプでエアマットに変えてから沢山のメリットがありました
とにかく一番は

寝心地が大幅に改善したこと!

キャンプでの睡眠で困っている方、腰が痛くて寝れないなんていう方には
ぜひ一度エアマットを試してもらいたい

私自身なんでもっと早く使わなかったんだと後悔しています

実際に使って分かった事やデメリット、おすすめエアマットを紹介します

【キャンプの燃料】コスパで選ぶならCB缶で統一がおすすめ

2019.08.29

【キャンプ初心者必見】コストコで揃えるキャンプ道具

2019.02.21



エアマットおすすめの理由

とにかく寝心地がいい

厚さ20センチ前後のエアマットの寝心地はもはや自宅のベッド

フカフカのベッドで寝ているような感覚です

4人家族が横になっても底につかない厚さは
横向きで寝ても腰や肩が地面に当たることなく全くストレスを感じさせない

以前わが家では厚さ5センチのウレタンマットを使っていたんですが
・体の痛さで何度か目が覚める
・腰が痛くなる
こんなことがなくなりました

朝痛みで目が覚めることがなくなり
一日スッキリ過ごせます

自宅のベッドのように使えるのもいいところで
いつも使っているシーツや掛け布団を持って行くのもおすすめです

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hinasakiminoriがシェアした投稿


まるで自宅の寝室のようなリラックスした空間を作ることもできますよ

荷物が少なくなる

折りたたみ式のマットに比べ
エアマットは収納スペースを少なくすることができます

空気を抜いた状態だとダブルやクイーンサイズでもかなりコンパクトになりますよ

ただでさえ場所を取るキャンプ道具
家の収納スペース、車の中の積載スペースともに大幅に削減できていい感じです

家でも使える

十分な厚みがあるので家でも使えます

特に活躍するのは来客時
急な泊まりにも対応できて

必要ないときはコンパクトに収納できて邪魔にならない

エアマットのデメリット

穴が空いたら使えない

エアマットの最大のリスクが穴が空いたら使い物にならないと言うこと

普通のマットなら心配しなくていいことなんですが
エアマットの場合穴が空いたら使い物にならず
最悪の場合マット無しで寝なきゃなりません

そんな事態にならないために事前の準備をしておく必要があります

キャンプ先で穴が開いてしまった場合を想定して
貼るだけのリペアパッチがあれば便利
おすすめはこちら↓

万が一の備えがあれば安心ですね

穴あき予防に気をつけたい事
・火の粉が飛ぶような場所の近くに置かない
・先が尖った物を近くに置かない
・マットの上で飛び跳ねない
この辺を注意すれば通常の使い方で穴が開くことは無いと思います

振動が伝わり気になる

数名で一緒に寝ると寝返りをうったり
夜トイレに起きるなどのマットが動く時

振動が気になります

フカフカのマットが人が動くと全体が振動して気になる人は嫌かもしれません

気になる方の対策として
・小さいサイズを複数買って並べる

 

この投稿をInstagramで見る

 

m.homeさん(@may__m34)がシェアした投稿


贅沢な使い方ですが
一人に一台あるとかなり快適に寝ることができますよ

おすすめエアマット3選

おすすめのエアマットを紹介します
選んだ条件は
・コスパの良さ
・十分な厚さがあるか?

この2点に絞っておすすめのエアマットを紹介します

Deeplee エアーマット

・厚さ23センチのフカフカのエアマット
・サイズも選べて自分のテントに合わせて選べるのがうれしい
・充電式の電動ポンプも選べる

コールマン コンフォートエアマットレス

・安心のコールマン製品
・厚さ19センチと十分
・同サイズ内ではコスパ良し

FIELDOOR エアベッド

・3色から選べるカラー
・シングル〜クイーンまで選べる4サイズ
・厚さ23センチで寝心地がいい

空気入れおすすめ

エアマットには空気入れが必須です
手動と電動のそれぞれおすすめを紹介します

コールマン デュアルアクションクイックポンプ

・ダブルアクション⇢押しても引いても空気が入る構造で大きいマットも早く空気が入る
・電源を必要としないので壊れる心配がない
・浮き輪やボールになどに使えるアタッチメントがついてるので多用途に使える

コールマン リチャージャブルクイックポンプ

・充電式なので電池を買う必要がない
・スイッチを入れたらあとは待つだけ。楽ちん
・動作音は結構大きい

まとめ

キャンプでのエアマットおすすめですよ

おすすめの理由をまとめると
・家のベッドのようなフカフカ感
・体が痛くならない
・コンパクトに収納できて持ち運びも楽
・比較的安い

やはり寝心地がいいのが一番のメリット

収納も場所を取らないのも良いところです
あと価格も5000円前後から購入出来るのでコスパもいいと言えるでしょう

デメリットをまとめると
・穴が空いたらおしまい
・振動で目が覚める

エアマットですから空気が抜けたら使い物になりません
穴の空きそうな場面は避けるようにしましょう

もし穴が開いてしまった場合を想定してリペアテープなどを準備しておくと安心です

他の人の振動に敏感な人には小さいサイズを並べて使う方法をおすすめします

はじめてのマット選びで悩んでいる方、マットが合わずに良く寝ねれないと悩んでいる方
エアマットを試してみてください

きっと朝までぐっすり寝れて悩みも晴れちゃいますよ