キャンプ用クッカーDIYで使いやすさを爆上げする方法

キャンプ用クッカーDIYで使いやすさを爆上げする方法 キャンプ道具

隠れた名品キャプテンスタッグのキャンピングケトルクッカー

頑丈なステンレス素材で注ぎ口のついたクッカーで
取っ手の位置を入れ替えることによってヤカン、クッカーとして二通りで使える便利なやつです

900mlの容量も丁度よく、ソロキャンプのメインクッカー、ファミリーキャンプのサブクッカーとしても活躍しています

そんなキャンピングケトルクッカーですが
不満な点が3つあります

・取っ手の付け根のネジを回すのにコインがいる
・注ぎ口が広すぎる
・フタの取っ手がグラグラ
普通に使うには新品の状態でも問題ないんですが、使うたびにモヤモヤしていました

実際に改造してみた所、使い勝手がめちゃくちゃ向上してビックリしたので紹介したいと思います
特別な道具や金加工の知識なんて必要なし。簡単なDIYで出来ちゃいます

便利なキャンピングケトルクッカーを手に入れてぜひDIYでカスタムしてみて下さいね


DIYでクッカーの使いやすさを爆上げする方法

取っ手のネジを回すのにコインがいる

ケトルクッカーは取っ手が外せることによって収納性が良く、位置を変えることでヤカンとして使用できて、片手鍋になり料理をすることができるんです
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法

【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
しかし取っ手の取り外し用のネジがコイン等を使って締め付ける形状になっているため、使うたびにコインを探すのがめんどうだったんです
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
解決策→蝶ボルトに交換する
ボルトのサイズはM5です。長さは10mm
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法

【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
今回ホームセンターに長さが20mmの物しかなかったのでディスクグラインダーでカットしました
※ホームセンターでボルトのカットはしてもらえますよ

蝶ボルトに交換するとコインを探す手間が省けてかなり快適になりました
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
なぜメーカーはボルトを蝶ボルトにしなかったのか不思議です

注ぎ口が広い。コーヒー用に細くお湯を出したい

ケトルと名前がついているので、お湯を注ぐのに便利な注ぎ口がついています
カップラーメンやスープ用のお湯を注ぐ時ふつうのクッカーより注ぎやすくこのクッカーの特徴なんですが

↓注ぎ口が広く、コーヒーを淹れる時お湯がドバドバ出て淹れずらいんです
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
キャンプの朝にはおいしいコーヒーを飲みたいですよね?
コーヒー用のケトルを持って行けば解決するんですが、なるべく荷物は減らしたいです

解決策→注ぎ口をペンチで絞る
好みの細さにペンチで絞っていくだけです
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
注意点は少しずつ慎重に絞る事。左右のバランスを見ながら力加減を調節しましょう
これだけで簡単に細くなります
【名作クッカー】DIYで使いやすさを爆上げする方法
お湯がコーヒー用のケトルのように細く出るのでハンドドリップコーヒーをアウトドアで淹れる方は必ず行いましょう
ビックリするくらいいい感じにお湯が注げます

フタの取っ手がグラグラ

ピッタリはまるフタがついています、お湯を早く沸かしたり料理の際に必要なふたですが
フタの取っ手がグラグラで湯沸かしの時熱くてフタの取っ手をさわることが出来ません

取っ手が立った状態で固定出来ればいいのに・・・

解決策→トンカチで取っ手の抑えを潰す!

取っ手の抑え部分のすき間をトンカチで叩いて潰します
↓これだけで取っ手のグラつきがなくなり立った状態で保持することが出来るようになります

お湯を沸かしたアツアツのフタも楽に外すことが出来るようになります

まとめ

もともと2通りの使い方ができて便利だった
キャプテンスタッグのキャンピングケトルクッカーですが

簡単なDIYで使いやすさはかなり向上しています

費用もネジ代だけで済みました。難しい技術も必要なく誰でもできるDIYなのでぜひ実践してみてください

今回紹介したクッカー以外でも使いずらいと感じるものは自分なりに工夫して、いじってみることをおすすめします
自分で改造した道具は愛着2倍増しですよ