だだちゃ豆のゆで方 農家直伝1番簡単な方法 食べきれなかった時の保存法も紹介

生活

濃厚な甘みと香りが特徴で、豆の味が濃い
一度食べたら手が止まらなくなる枝豆のだだちゃ豆
その味の良さに最近各メディアでも頻繁に取りあげられ、全国的に知名度も上昇しています
山形県鶴岡市にで栽培されていますが、今では新鮮な豆がネット通販でも購入できる時代になっています

そんな中

「自宅でおいしいだだちゃ豆を食べたい」
「だけど、ゆで方が分からない」
「普通の枝豆とちがうゆで方なの?」

とお悩みのあなた

心配無用!
普通の枝豆をゆでる方法と変わりありません
特別な道具や調味料なんかは必要なし
すこしのポイントを守ればだれでもおいしいだだちゃ豆を自宅で楽しめますよ

だだちゃ豆のゆで方には各家庭でいろいろな方法がありますが今回は1番簡単な方法を紹介します

簡単なゆで方をマスターして、ゆでたてのだだちゃ豆ビールで乾杯しましょう

 

ゆでる前の準備

水でさっと洗う。以上!

 

この工程こだわる人は、塩と少量の水で塩もみします
これは仕上がりをきれいにするために、茶色のうぶ毛を取る意味がありますが
味には全く関係なし!
省いて良し!

だだちゃま豆のゆで方

大きめの鍋に水をたっぷり入れ沸騰させる

塩を一握り入れ

豆を3分ゆでる。以上!

 

正式な塩加減は水に対して2パーセントで・・・
気にしないでください
2パーセントとか測ってるヒマがあったらほかの家事をしてください
ゆで上がりで塩をふるのでここはしょぱくなりすぎなければOKです
下味と考えてください

ゆで時間も3分となってますが、味見しながら好みで良いですよ
固めが好きな方は2分半がいいかもしれません
本場のだだちゃ豆農家は固めを好む方が多いです

仕上げ

ザルにあけ水気を切る

新聞紙などに広げ塩をふり、なじませたら完成

 

色を良くするために水で洗い冷ます家庭もありますが、わが家は味が落ちるような気がして、新聞紙などに広げ冷まします
広げた豆に扇風機をあてて冷ましてもいいですよ
最後味を調整しながら塩をふり
粗熱がとれたら完成です

まとめると

  • 水でさっと洗う
  • 沸騰したお湯に塩を入れ投入
  • 3分ゆでたら塩をふり完成

簡単ですよね?普通の枝豆とほとんど変わらない工程でおいしいだだちゃ豆が完成します

食べきれなかった時の保存法

ゆですぎで食べきれないはそのままにしていてはもったいない
簡単な保存法で色んな料理にもすぐに使える方法を伝授します

残った枝豆をさやから出す

ジップロックで冷凍保存する

こうしておくことで料理にも少量ずつ使え大変便利です

サラダに
カレーライスに
味噌汁に
豆ごはんに

いろんな利用法があり、きれいな緑で料理のアクセントにもなりますよ

※生のままでは冷凍保存できないので茹でて食べれなかったらこの方法で保存してくださいね

産地直送山形県白山産だだちゃ豆(500g×2)


【送料無料】山形県鶴岡産 五戸富三さんの『だだちゃ豆』 1.2kg (600g×2袋)朝採りしてそのまま直送!【ご予約受付中!】産直【特産】枝豆