【焚き火台選び】デザインと携帯性で選ぶなら UCOフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット

キャンプギア

・人とかぶらない焚き火台がほしいが、価格は抑えたい
・軽量、コンパクトな焚き火台を探している
・組み立てに時間を使いたくない
・アメリカのメーカーが好きだ

こんな条件で探しているあなたにピッタリな焚き火台があるんです

UCO(ユーコ) フラットパック グリル&ファイヤーピット

上記の条件を完璧に満たした最高の焚き火台です

アメリカのワシントン州のアウトドアメーカー UCO(ユーコ)
「灯り」をキーワードにキャンドルランタンやLEDライトなど、アメリカらしいクラシックなデザインやポップでかわいい色使いの商品を出している

そんなUCOの焚き火台がすごくいい!
実際に使ってみてとても使い心地が良くデザインも良かったのでレビューします

UCO フラットパック グリル&ファイヤーピットここがすごい

軽量コンパクトなのに丈夫

収納のコンパクトさはビックリです
薄さ3.5㎝

重量は1.75kg(収納ケース含む)

材質はステンレス

                 画像:モチヅキ
とにかく薄さがいいです
かさばりがちなキャンプ道具でこの薄さはうれしい
車やカバンの隙間にスッと入ってくれる

材質のステンレスは薄すぎず厚すぎない
鍋やダッチオーブンを載せても特に問題ありませんでした
軽量だけを考えた焚き火台に比べ耐久性も兼ね備えていますね

焚き火台としての機能

横幅34㎝で 普通に売っている薪ならほとんど入ります
30㎝ならそのまま 40㎝の薪は斜めにして入れると問題ないです

薪のサイズを心配しなくていいのもメリットです

横の穴から空気が入るので酸素不足で消えてしまうということもありませんでした
ハートのように見える横顔もステキ
使用していくと↓のように変色します 使うほどに味が出るのも良いところ

焚き火台としての機能は十分と言えます

調理の時の使い心地は?

網も付属しているのでバーベキューも可能
炭火の調理も問題なく行えました

ただし付属の網は幅が広いので小さい物は下に落ちてしまいます
対策として100均で網を購入し上に乗せると解決します

使い方として網をずらして薪をつぎ足しながら調理するという方法も便利でした
火加減の調節がカンタンになり焚き火と調理を同時に楽しむことができます

収納ケースがおしゃれ しかも付属する!

収納ケースは別売り なんていうメーカーも多い中UCOの焚き火台はケースがついてくる!

                 画像:モチヅキ
モスグリーンのキャンバズ素材のケースにはしゃれなレザーパッチが貼ってあり
取り出すたびに気分が上がる!そんなステキなケースが無料でついてくる
最高です

UCO フラットパック グリル&ファイヤーピットここが残念

バリに気をつけて

購入前にレビューを見ているとバリ(金属の切り残し)がみられる物もあるようです
幸い私の物にはバリは見つからず良かったですが、念のため手が触れそうなところをヤスリかけしました

購入した方は使用前に確認したほうが良いでしょう

まとめ

ふつうの焚き火はもちろん問題ないですし
焚き火の調理にも使え、炭のを使ったバーベキューもできてとても便利でした

スノーピーク、ユニフレームなどの有名な焚き火台は人気でキャンプ場でもかぶりがち
その点UCOの焚き火台はまだ少数派で、人と同じが嫌な方にはおススメです